FLORIDA HR

WiMAX WX05を利用して4ヶ月たったのでレビューしてみる

WiMAXのWX05は2018年11月に発売されたNECプラットフォームズ製のモバイルルーターです。NEC製がWXからはじまる機種番号でファーウェイ社製がWから始まる機種番号になっています。

年に1度新製品が発売されるサイクルになっていますが、この「WX05」を発売当初から購入して利用しているのでそのレビューなんかを行っていきたいと思います。

問題の多かったWX04の後継機種なのでかなり期待値が高かったわかです。なんとなくスペックだけ見てもWX04からの進化は分かりづらいのですが、速度面以外はほとんど改善されています。かなり快適に使えるルーターなのでおすすめです。

wx05公式

最新ファームアップデート

wx05のメリット

これはとくにファーウェイのW06と比べると分かりますが、とにかくバッテリーが長持ちすること。ここが一番ではないでしょうか。

モバイルルーターにはもちろん速度も必要なんですけど、速度と同じくらい重要なのが持ち出して外出時につかうときにどれだけ長時間使えるのか。ここ。

バッテリーのもちが悪い機種だと電波うんぬんよりも、途中で電源が落ちることになります。そこで最新機種のバッテリー具合を確認してみましょう。

WX05 W06 wx04 w05
14時間 11.4時間 13.8時間 10.5時間

このようにWXシリーズとWシリーズでおよそ3時間から4時間程度のバッテリーの差があります。

例えば朝の8時間から利用するとWシリーズは午後7時まで、一方でWX05なら22時まで持ちます。この3時間の差はかなり大きいです。夜になってバッテリーが切れてしまうとモバイルルターの意味がありません。ただのお荷物に鳴ってしまいます。

実際に利用するときにはずっと繋ぎっぱなしのイメージよりもスリープなどの機能を活用するばもっと長時間の利用が可能になります。普通に丸一日利用するならWX05は充電なしでも利用できます。

国産のルーター

またWXシリーズは国産ルーターの安心感もあります。

中国産だから駄目なんてことはなく、最近はむしろ国産のほうが・・・って感じもしなくはないくらいです。

それでもファーウェイ社は渦中の企業(アメリカの政府機関からは排除されている)ですし、気になる人は気になるのではないでしょうか。それならWX05を選ぶのがいいでしょう。

通信速度も十分に速い

通信速度はどうしても場所によりますが、電波が入れば確実に速いです。正直この点に関してはどの機種を利用しても遜色ありません。理論値がどんなに速くても実際に利用するときにはかなりスピードが落ちます。ここ1年くらいの機種を選ぶならどれを選んでも速度差はほとんどありません。

ですからどれでも十分に速いんです。強いて言えば、WX05はWiMAXハイパワー搭載機種です。WiMAXハイパワーは電波が弱い場所で電波強度を上げて通信速度を向上させる機能です。この機能があるので電波の悪いところでもかなり速度が確保できます。他のW06などにはこの機能がないため、電波が悪いところでも速度が速いのはWX05で間違いありません。

コンパクトでバッテリーの持ちも良くて、速度も早いこの機種はかなりおすすめです。いま契約するならWX05でしょうね。Wシリーズはもっとバッテリーをなんとかしてくれ。現場からは以上です。